建築・まちづくり事務所 状況設計室




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
初めての作品がNHKドラマの舞台として放映されることになりました :: 2011/11/12(Sat)

NHK BSプレミアムで、11月12日(土)22時~23時30分に「しあわせのカタチ~脚本家・木皿泉創作の世界」という番組が放送されます。脚本家木皿泉さんは、私の初めてお仕事のお施主さんでした。今も本当に未熟な私を温かく見守って、激励してくだっています。その初めての作品が、今回のドラマの舞台として使われることとなりました。

お二人は中古マンションをご購入され、旦那様の車椅子生活が、決して「無機質なバリアフリー空間」ではなく、楽しいものになるように、一緒に遊びながら作ってほしい、という
ご要望のもと、2008年に完成しました。ご夫妻は、「○○風」というものがあまりお好きではなく、安くてもよいので「ほんもの」の素材を使いたいとのことで、床、建具、壁、すべて作り直しました。

木皿邸鉄製フックNo3

木皿邸鉄製フックNo4

壁はしっくいを、枠には塗の粉で着色し、建具などの鉄は下町レトロ地域の鉄工所社長に作ってもらい、ご夫妻の大好きな錆びた鉄の置物や愛着のあるタンス、真鍮のフック、などが生きる空間を一緒に製作しました。
愛着のある家具や建具、フック、照明などを、新しい住居で活用する、という生活スタイルをお二人に教えて頂きました。

また、社会がごろごろと変わる中、本当のことを見極めていくこと、自分は「ある程度分かっている」と思っているが、実はその数百倍も人生には知らないことが一杯だということ、人の心の機微、そして
タイトルにもあるように、しあわせのカタチ、これらを木皿さんは実に明快に私に教えてくれました。へこんだとき、いつも木皿作品を見て助けられます。私にとっての薬のような存在の木皿作品(すいか、野ブタをプロデュース、Q10 etc...)たち。

これらがどのように生まれてきたのか、これらを作っているひとたちは一体どういう人たちなのか、この1時半でよく分かると思います。

しあわせのカタチ~脚本家・木皿泉 創作の“世界”~

「野ブタ。をプロデュース」など、若者の間で大ヒットしたドラマを手がけた脚本家・木皿泉。実は、和泉務と妻鹿年季子という50代の夫婦だ。神戸に住む2人は、常に会話を交わし、時にぼやきながら、人の心の琴線に触れる台詞(せりふ)を紡ぎ出す。夫婦の日常と制作の現場をのぞくとともに、ふたりの姿を投影した書き下ろしドラマを交え、人気脚本家の創作の秘密に迫る。ドラマ出演は、薬師丸ひろ子、田中哲司。
スポンサーサイト

テーマ:家具・インテリア - ジャンル:ライフ

  1. 建築
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
播磨町が取り組む「子育て応援スペース設置支援事業」 :: 2011/11/09(Wed)

兵庫県でも明石と加古川の間にある播磨町。住所を見ると“加古郡”と書かれているため、遠いイメージがありますが、実は加古川よりも西側にあり、子育て施設やサポートが非常に充実した「子育て世代にはうってつけの町」なのです。

今回、播磨町で取り組む「子育て応援スペース設置支援事業」の講師として、既存公共施設における子育て応援スペースの現状を、住民を交えたまちあるきを通して把握し、今後必要となる設備の設置に向けて具体的検討を行いました。

また、最終日には、子育て応援スペースの設置状況も記載した「子育てお出かけマップ(仮称)」の作成に向け、住民を交えた意見交換を実施しました。

公共施設などのトイレを中心に回りましたが、ベビーキープやベビーシートなどが随分設置されて来ていると実感しました。これから目指すのは「授乳スペース」や子育てママや障害を持たれた方、また高齢者の方などだれもが自分達の必要に応じて活用できる「多機能シート」などの設置となっていきそうです。
ベビーベッド

これらを町に住むママ世代居住者さんたちと一緒に歩くなかで、いろいろな声が聞け、最終日はまちあるきで出た意見や調査の結果をもとに、子育てママ世代の居住者さんたちが播磨町での生活を満喫できるような「子育てお出かけマップ」の作成について意見交換。居住者さんたちを中心とした手作りマップを作るお手伝いは本当に楽しいです!

播磨町子育て

  1. まちづくり
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
御影の酒蔵をめぐるツアーが無事終わりました :: 2011/11/08(Tue)

10月から11月にかけて3回に渡り下町レトロに首っ丈の会で開催しました阪神御影駅〜阪神石屋川にある酒蔵をめぐるツアーが無事終了しました。ご参加くださったみhttp://control.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#なさま、そして関西あそ歩のむつさん、阪神電鉄のみなさま、本当にありがとうございました!

ツアーでは、白鶴さん→菊正宗さん→剣菱さん→木村酒造さん→灘泉さん→酒心館さんという順番で巡りましたが、実は途中で素晴らしい見学スポットを発見しました。

下町レトロでお知り合いになった方のつながりで、酒樽の箍(たが)を竹で製作されている工場を見学させていただきました。今でも手づくりで製作されていると知り驚きました。白鶴酒造資料館で展示されていた箍(たが)がこちらで製作されていたことも知り感動です。

酒の箍づくり

地域資源は人にあり、ということを実感したツアーとなりました。

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

  1. 下町レトロに首っ丈の会
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。