建築・まちづくり事務所 状況設計室




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
境界線の重要性 その1 :: 2012/01/30(Mon)

外構デザインのお仕事も何とか順調に進んでいます。
今回工事をして下さる業者さんも本当に誠実な方で嬉しい限りです。
また、鉄道が大好きなお施主さんの希望に沿って、玄関のデザインウォールは
なんと線路を再現することになりました。
レールや表札は、木皿邸の時にお世話になった鉄工所の社長さんに依頼。
あとは工事だけ!というときにそれは発覚したのでした。。。

境界標がない。。。


境界ブログ用

外構業者さんが一言言いました。「境界標がない敷地では仕事はでけへんで」と。

ハウスメーカーによってお家は仕上がっています。どうやってハウスメーカーさんは
境界標もないのに家を建てることが出来たんですか?考えられませんわ、とのこと。

本来は、建築行為の前に敷地確定をするのは当たり前。なのに、境界標の復元をお施主さんに
勧めることもなく今まで進んできた様子です。

これがきっかけで、いろんな事を学ぶことになるとは。。。(つづく)
  1. 建築
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
景観形成支援事業評価・助言委員として :: 2012/01/30(Mon)

現在、兵庫県まちづくり技術センターで、景観形成支援事業評価・助言委員をさせて頂いています。
景観形成支援事業とは、兵庫県下における景観の保全を目的としたあらゆる支援活動を指します。
主に、①修景助成事業②修景支援事業③景観形成等活動助成事業に分けられます。
①や②に登場する「修景」という言葉は、今日景観やまちなみを語る上でしばしば出てくる用語です。

例えば、本来は伝統的な町家であっても、看板などで屋根が隠されてしまったり(「看板建築」)、
本来の様式がすっかり分からなくなっているような建物を、もう一度本来の形に戻してあげるような時
「修景」という言葉が使われます。

これは以前お仕事で関わった修景の例です。


コニシ修景ブログ用

単なる車庫を既存の町家と調和させるために、和風の意匠に修景した事例です。
兵庫県には歴史的景観形成地区が12地区あります。豊岡、朝来、養父、たつの、佐用などの古いまちなみが
残る地区などで、歴史的な景観に考慮した修景事業には補助制度があり、こちらを審議するのが
委員会の主な仕事となります。

ただ、修景を行う建築士としては、やはり本来の町家の様式や工法についても理解を深めておく必要があると感じます。
  1. 建築
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
2012年が始まりました* :: 2012/01/30(Mon)

2012年が始まりました*
年末からばたばたと仕事の締め切りや段取りに追われ
全くブログを更新できぬまま年を越してしまいました。

今年はブログとホームページの開設に頑張ります!

さて、もうすぐ2月なのですが。。。

実は2012年1月号の建築ジャーナルで記事を書きました。


建築ジャーナル表紙ブログ用表紙


「行動する建築家」というコラムがあり、先の東日本大震災で
建築を通して様々な活動をする人物が紹介されています。

この度、建築ジャーナル社より依頼があり、昨年9月に長田区大正筋商店街で
お茶の味萬を経営されている伊東正和さんと共に宮城県南三陸町にお伺いし、
長田区での経験や失敗を生かした仮設商店街の提案を一緒に行ったことをについて
書きました。

内容をこれから少しずつ紹介していこうと思いますので宜しくお願いします*

  1. 建築
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
初めての作品がNHKドラマの舞台として放映されることになりました :: 2011/11/12(Sat)

NHK BSプレミアムで、11月12日(土)22時~23時30分に「しあわせのカタチ~脚本家・木皿泉創作の世界」という番組が放送されます。脚本家木皿泉さんは、私の初めてお仕事のお施主さんでした。今も本当に未熟な私を温かく見守って、激励してくだっています。その初めての作品が、今回のドラマの舞台として使われることとなりました。

お二人は中古マンションをご購入され、旦那様の車椅子生活が、決して「無機質なバリアフリー空間」ではなく、楽しいものになるように、一緒に遊びながら作ってほしい、という
ご要望のもと、2008年に完成しました。ご夫妻は、「○○風」というものがあまりお好きではなく、安くてもよいので「ほんもの」の素材を使いたいとのことで、床、建具、壁、すべて作り直しました。

木皿邸鉄製フックNo3

木皿邸鉄製フックNo4

壁はしっくいを、枠には塗の粉で着色し、建具などの鉄は下町レトロ地域の鉄工所社長に作ってもらい、ご夫妻の大好きな錆びた鉄の置物や愛着のあるタンス、真鍮のフック、などが生きる空間を一緒に製作しました。
愛着のある家具や建具、フック、照明などを、新しい住居で活用する、という生活スタイルをお二人に教えて頂きました。

また、社会がごろごろと変わる中、本当のことを見極めていくこと、自分は「ある程度分かっている」と思っているが、実はその数百倍も人生には知らないことが一杯だということ、人の心の機微、そして
タイトルにもあるように、しあわせのカタチ、これらを木皿さんは実に明快に私に教えてくれました。へこんだとき、いつも木皿作品を見て助けられます。私にとっての薬のような存在の木皿作品(すいか、野ブタをプロデュース、Q10 etc...)たち。

これらがどのように生まれてきたのか、これらを作っているひとたちは一体どういう人たちなのか、この1時半でよく分かると思います。

しあわせのカタチ~脚本家・木皿泉 創作の“世界”~

「野ブタ。をプロデュース」など、若者の間で大ヒットしたドラマを手がけた脚本家・木皿泉。実は、和泉務と妻鹿年季子という50代の夫婦だ。神戸に住む2人は、常に会話を交わし、時にぼやきながら、人の心の琴線に触れる台詞(せりふ)を紡ぎ出す。夫婦の日常と制作の現場をのぞくとともに、ふたりの姿を投影した書き下ろしドラマを交え、人気脚本家の創作の秘密に迫る。ドラマ出演は、薬師丸ひろ子、田中哲司。

テーマ:家具・インテリア - ジャンル:ライフ

  1. 建築
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
枕木と鉄道と鉄道とビンテージな釘 :: 2011/10/20(Thu)

お庭の外構工事の方も、少しずつですが進んで来ました。いつもとてもお世話になっている工務店の社長さんにご相談に乗ってもらいながら、現場に行ったり、業者さんたちに現場を見てもらったりという日々です。

お家の方もどんどん完成に向かって来ています。

お施主さんが大の鉄道好きということで、玄関に枕木を使うこととなりました。枕木を使った玄関事例は沢山あるのですが、鉄道好き故に枕木を使われたということがわかるようなものになれば。。。と思います。

お施主さんが集めておられた「ビンテージ釘」も活用しながら、鉄も使って、あれやこれや、いろいろ案をスケッチしているこのごろです。。。


テーマ:家具・インテリア - ジャンル:ライフ

  1. 建築
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。