建築・まちづくり事務所 状況設計室




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
都築響一さんが「おかんアート本」の書評をしてくださいました :: 2012/02/03(Fri)

神戸の下町、兵庫・長田のおかん&おとんたちが夢中で製作を繰り広げている作品たちを集めた
「おかんアートー兵庫・長田おかんアート案内−」が出版されました。

スクリーンショット(2011-08-21 12.13.18)

スクリーンショット(2011-08-21 12.13.39)

そして、何と、あの都築響一さんが「おかんアート本」について書評をしてくださり、ご自身のブログやコラムでご紹介くださいました。

都築響一さんブログ、ART iTの中の「ニッポン国デザイン村」というコラムでの都築響一さんのコラム、ぜひともご覧ください。おかんアートの神髄が都築さんによって明快に表現されています。「ニッポン国デザイン村」には英語版もあります!

都築響一さんは、『TOKYO STYLE』(1997年、京都書院)でも有名な現代美術・デザインシーンでは知らない人はいないライターさんであり写真家さんです。写真集『ROADSIDE JAPAN 珍日本紀行』(筑摩書房)では、第23回木村伊兵衛写真賞を受賞されました。

ROADSIDE JAPAN

世の中で、そこに存在するのにあたかも無きが如く扱われているもの(丸い回転ベッドなどがあるラブホテル秘宝館など)へスポットライトを当て、世に問われる作風が都築さんの都築さんたるところだと思います。また、無名の庶民による無心の作品が持つ芸術性に着目され、それらを世の中に発信されています。

ラブホテル

ちなみに、先日神戸に取材にこられた都築さんが教えてくださったのですが、ラブホテルの回るベッドや全面鏡張りの壁はどんどん絶滅していっているとか。。。1985年の風俗営業法改正に伴い、ラブホテルが旅館扱いになってしまい回転ベッドはタブーとなったのだそうです。また、ラブホテルへの規制はどんどん厳しくなっており、例えば、ある都道府県条例では、学校などの周辺200メートル区域内には建設不可であったりするそうです。その結果、一見シティホテルにみえる偽装ラブホテルが増えているとのこと。

そういえば・・・兵庫県の景観条例にある景観影響評価手続きによる環境誘導の中にも、「風営法上の要件に該当しない偽装ラブホテルを、景観の視点から、外観基準により規制・誘導する」とあります。

中学校区内の一部がラブホテル街だったり、友人の家が連れ込み旅館だったりした自分としては、ベッドが回っても、壁が鏡張りでも、国民生活には何ら問題ないと思います。室内を規制することで、外観が何らかの景観に影響を与える辺りが非常に皮肉やな、と考えます。

もう残り少なくなってきているこういうラブホテル、いまのうちに行っておきましょう。

さて、昨年10月に神戸で行われた KOBEデザインの日2011記念イベントで、兵庫区の稲荷市場にあるオルタナティブスペースi'maを運営している三宗さんが都築さんをお呼びしてトークショーを開催されました。その時初めて都築響一さんのお話を伺いましたが、いっぺんに魅了されました。現代美術の核心を教えて頂いた気がしました。

トークショーに参加する数日前に脚本家の木皿泉さんに都築響一さんの書籍を頂いたことがきっかけで参加させて頂き本当に不思議な縁を感じます。先日東京の都築響一さんの展覧会にお伺いしました。そちらのレポも近々させて頂きます。
  1. 下町レトロに首っ丈の会
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
海岸線レトロな下町マップ兵庫区編完成しました! :: 2012/02/02(Thu)

マップづくりのお仕事が1つ完成いたしました。

1月から平清盛が始まり、神戸は清盛一色になってきましたが、下町レトロに首っ丈の会と神戸市営地下鉄海岸線がコラボし、今回「海岸線でレトロな下町めぐり兵庫区編」を作りました。

海岸線マップ表紙ブログ用

神戸市営地下鉄海岸線の駅でいうと、中央市場前駅〜和田岬駅〜御崎公園駅の3駅周辺をカバーするマップです。

下町レトロがご推薦のすてきでかわいいレトロなお店を中心としたセレクトとなっています。土日お休みのお店が多いですが、3月から土曜日には下町レトロに首っ丈の会が開催する「平清盛と下町レトロを味わうプチツアー」で、これら紹介したすてきなお店を回ります。

マップは「KOBE de 清盛」ドラマ館、歴史館そして神戸市営地下鉄海岸線の各駅にて配布しています。ぜひチェックしてみてください。
  1. 下町レトロに首っ丈の会
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
「my home town わたしのマチオモイ帖」展に出展 :: 2012/02/01(Wed)

ガイドブックにも載っていない町や知らなかった町を、日本各地のクリエイターが自分の視点で紹介することで、今まで見た事もない景色や新しい日本が見えてくるかもしれない、というコンセプトのもとに、
「my home town わたしのマチオモイ帖」展が2012年2月10日(金)から2月26日(日)まで、東京六本木にある東京ミッドタウン・デザインハブにて開催されます。

ここに、神戸市兵庫区・長田区から下町レトロに首っ丈の会が出展することになりました。
その名も「兵庫・長田 おかんアート帖」
兵庫区・長田区の魅力を、おかんアートを軸に紹介していきます。

おかんアートマチオモイ帖表紙ブログ用

完成した作品を無事届けることが出来ました。本の最後には小さな「おかんアート展示スペース」も備えつけて、箱のような本を作りました。

おかんアートマチオモイ帖全体ブログ用

東京へお越しの際は、ぜひとも「my home town わたしのマチオモイ帖」展にお立ち寄りください。

  1. 下町レトロに首っ丈の会
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
御影の酒蔵をめぐるツアーが無事終わりました :: 2011/11/08(Tue)

10月から11月にかけて3回に渡り下町レトロに首っ丈の会で開催しました阪神御影駅〜阪神石屋川にある酒蔵をめぐるツアーが無事終了しました。ご参加くださったみhttp://control.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#なさま、そして関西あそ歩のむつさん、阪神電鉄のみなさま、本当にありがとうございました!

ツアーでは、白鶴さん→菊正宗さん→剣菱さん→木村酒造さん→灘泉さん→酒心館さんという順番で巡りましたが、実は途中で素晴らしい見学スポットを発見しました。

下町レトロでお知り合いになった方のつながりで、酒樽の箍(たが)を竹で製作されている工場を見学させていただきました。今でも手づくりで製作されていると知り驚きました。白鶴酒造資料館で展示されていた箍(たが)がこちらで製作されていたことも知り感動です。

酒の箍づくり

地域資源は人にあり、ということを実感したツアーとなりました。

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

  1. 下町レトロに首っ丈の会
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
おかんアート展が開催されました! :: 2011/10/25(Tue)

KOBEデザインの日記念イベント2011の一つとして採択していただいた「神戸下町おかんアート展ーおかんアートは母の愛ー」が11月14、15、16日の3日間、神戸元町海文堂書店にて開催され、老若男女のいろんな世代の方々が神戸内外から遊びに来て下さいました。

おかんアート展全景

来訪者は500名にのぼり、感謝の思いでいっぱいです。本当にありがとうございました!

お教室でもいろんな交流があり、みなさん一生懸命作品づくりに励まれました。

トトロ教室

また、最終日のおかんアートサミットでは、68歳→78歳は木工を中心とした「おとんアート」、78歳→88歳は手芸や折り紙を中心とした「おかんアート」へと、おとんアートからおかんアートへの変遷を遂げられたという稀なご経歴をお持ちの重鎮「神田さん」もご登場!

おかんアート展神田さん

おかんアートの巨匠香坂さんを始めとする巨匠たちが一堂に会した非常に意義深いひとときとなりました。打ち上げ時には、展示された作家さんたちで作品の物々交換や、次回教え合う日取りの調整など、新しい動きが起こりそうな予感を残して3日間の幕を閉じました。

おかんアートサミット全景

今回のおかんアート展おかんアート本について、私たちにとって神様のような存在である「都築響一さん」がご自身のブログにてご紹介をして頂くという、予想もしなかった嬉しい出来事も起こりました。

無心にものづくりに勤しむ老若男女は兵庫、長田の宝だと痛感した3日間でした。

  1. 下町レトロに首っ丈の会
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。